くらし情報『「SMAPが好きでした」ビッケブランカ、多彩な趣向が生んだ最新作裏話』

2020年2月29日 20:50

「SMAPが好きでした」ビッケブランカ、多彩な趣向が生んだ最新作裏話

音楽をこよなく愛する、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。【音楽通信】第30回目に登場するのは、あふれる個性で多様性のある楽曲を生み出し、美しいファルセットボイスも聴かせるシンガーソングライターのビッケブランカさん!

写真・土佐麻理子

目次

・いまも小学生のときの延長線上にいる
・アルバムは自分の年表としても信憑性のあるもの
・初のホールツアーも自由度を高く柔軟に展開
・音楽活動もゲーム配信もさらに力を入れていく
・取材後記
・Information


いまも小学生のときの延長線上にいる

「SMAPが好きでした」ビッケブランカ、多彩な趣向が生んだ最新作裏話


【音楽通信】vol. 30

小学校の頃から作曲を始め、音楽活動を目標に大学進学のため上京後、2016年10月にメジャーデビューを果たしたビッケブランカさん。独創的なピアノスタイルで、一度聴いたらクセになるような多様性のある楽曲が注目を浴びています。

2020年3月4日に、3rdアルバム『Devil』をリリースするビッケブランカさんに、お話をうかがいました。

ーー影響を受けた音楽がバラエティ豊かなラインナップだそうですね。

もともと両親が音楽好きで、家でも車の中でもいつも曲がかかっていたんです。幼少期にミュージックビデオを観てマイケル・ジャクソンにハマって、アイドルとして流行していたSMAPも好きになって。20歳ぐらいのときには、MIKAやエルトン・ジョンを好きになりましたね。

ーーそんななかでご自身で音楽をやろうと思ったきっかけは何だったんですか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.