くらし情報『「日本は美しい秩序がある」大ヒット映画の中国人監督が感嘆した理由』

2020年2月26日 20:10

「日本は美しい秩序がある」大ヒット映画の中国人監督が感嘆した理由

現在、韓国映画の『パラサイト 半地下の家族』が世界中を席巻していることもあり、アジアの映画界も活気に満ちているところですが、今回ご紹介するのは、中国新世代をけん引する新鋭監督が放つ話題作です。それは……。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』

目次

・『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』
・中国の若き鬼才ビー・ガン監督!
・偶然が重なって思わぬ現象が起きた
・とてつもない挑戦にみんなで立ち向かった
・日本のカルチャーには親しみを感じている
・先の見えない旅へと引き込まれる!
・謎めいた予告編はこちら!
・作品情報
「日本は美しい秩序がある」大ヒット映画の中国人監督が感嘆した理由


【映画、ときどき私】 vol. 294

父親の死をきっかけに、故郷の凱里(かいり)へと帰ってきたルオ・ホンウ。彼は、マフィアに殺された幼なじみや自分を捨てて駆け落ちした母の記憶を拾い集めるように、街をさまよっていた。

そして何よりもルオの心から離れなかったのは、運命の女だと思っていたワン・チーウェンのこと。いつしか女の面影を追い求めて、旅へと出ることになるのだった……。

本作は、中国国内で公開1日にして41億円という驚異的な興行収入を叩き出し、アメリカでもロングランとなった注目作。なかでも映画が始まって80分ほどしてから2Dから3Dへと切り替わり、そこから60分ワンカットで見せる驚異の映像には称賛の声が上がっています。そこで、その舞台裏についてこちらの方にお話をうかがってきました。

中国の若き鬼才ビー・ガン監督!

「日本は美しい秩序がある」大ヒット映画の中国人監督が感嘆した理由


2015年に26歳という若さで『凱里ブルース』で長編監督デビューを果たし、国際的な評価を得たビー・ガン監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.