くらし情報『性的にゾワリとする場面も…注目作家が描く『最高の任務』に感動!』

2020年2月26日 21:00

性的にゾワリとする場面も…注目作家が描く『最高の任務』に感動!

小説『最高の任務』について、著者・乗代雄介さんに話を聞きました。

叔母との記憶、家族との小旅行。注目作家が描く、優しい“任務”。
性的にゾワリとする場面も…注目作家が描く『最高の任務』に感動!


芥川賞ノミネート作を表題作に置く乗代雄介さんの『最高の任務』。収録の2作とも、語り手が書いている文章、という体裁だ。

「主人公がなぜ語っているのか、ということに必然性を持たせたいので、自然とそういう形式になります」

「最高の任務」の語り手は、大好きな叔母を亡くし休学するほどダメージを受けた阿佐美景子。大学の卒業式の後、家族に誘われ北関東への列車の旅に出るのだが、どうも家族には生前の叔母に託された“任務”がある様子…。景子はデビュー作『十七八より』や中編「未熟な同感者」(『本物の読書家』収録)と同じ語り手だが、今回の作品は、

「北関東に出かけては自然描写の練習をしていた頃、アーティストのミヤギフトシさんからグループ展に誘われ、その小旅行のことを短文で書いたんです。それと、その頃モームやランサムなどスパイ活動をしていた作家の本を読んでいたので、その影響も反映されていますね」

旅の道中、景子の過去の日記もひもとかれ、叔母との北関東への小旅行の思い出も重なっていく構造だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.