くらし情報『「日本にも貧困は存在している」世界が注目する監督が訴えたい思い』

2020年2月27日 20:40

「日本にも貧困は存在している」世界が注目する監督が訴えたい思い

いつの時代も、なかなか解決されることのない貧困や移民によって引き起こされる格差社会における問題。いまも世界各地で暴動やデモが繰り返されていますが、そんな悲劇の連鎖に一石投じた衝撃作が、いよいよ日本で公開を迎えます。そこで、いま観るべき映画として紹介するのは……。

圧倒的な緊迫感で映し出す『レ・ミゼラブル』!

目次

・圧倒的な緊迫感で映し出す『レ・ミゼラブル』!
・ラジ・リ監督&スティーヴ・ティアンチューさん!
・フランス人でさえも衝撃を受けていた
・問題は自分たちが解決するしかない
・次世代の子どもたちのいいモデルになりたい
・観客全員に自問自答してほしい
・いまこそ悲惨な現実を断ち切るべき!
・心をえぐる予告編はこちら!
・作品情報
「日本にも貧困は存在している」世界が注目する監督が訴えたい思い


【映画、ときどき私】 vol. 295

パリ郊外にあるモンフェルメイユ。ヴィクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台でもあったこの街は、いまや移民や低所得者が多く住み、危険な犯罪地域と化していた。新たに犯罪防止班へと配属された警官のステファンは、仲間とパトロール中に複数のグループ間に緊張が走っていることを察知する。

そんななか、イッサという少年が起こした小さな事件が、大きな騒動を引き起こしてしまう。事態を収束しようとしたステファンたちだったが、思いもよらない出来事が起き、取り返しのつかない状況へと陥るのだった……。

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、センセーションを巻き起こした本作は、賞レースでも注目を集めた問題作。そこで、世界の観客たちに衝撃を与えた映画の背景について、こちらの方々にお話いただきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.