くらし情報『「美しいのに怖さがある…」学芸員が震えた一枚の絵』

2020年4月2日 18:40

「美しいのに怖さがある…」学芸員が震えた一枚の絵

ちょっとミステリアスな風景画を描く画家の日本初個展『ピーター・ドイグ展』のプレス内見会が2月下旬に行われました。現在、美術館は臨時休館中ですが、取材時に見た作品はどれもすばらしいものばかり。この記事で一部の作品をご紹介しますので、こちらから、ぜひご覧になってみてください。

写真・田代わこ

幻想的!『ピーター・ドイグ展』

目次

・幻想的!『ピーター・ドイグ展』
・美しいのに怖い…学芸員も感動!
・原点となった作品は…画家がナマ解説!
・日本に縁のある作品も!
・ライオンの後ろに描かれているものは…?
・公式サイトをチェック!
・Information
「美しいのに怖さがある…」学芸員が震えた一枚の絵


【女子的アートナビ】vol. 174

この展覧会では、スコットランド生まれの画家、ピーター・ドイグ(1959-)の初期作から最新作までを一堂に展示。

世界で最も注目されるアーティストのひとりといわれるドイグさんは、ロンドンで美術を学び、2002年より、幼少期を過ごしたカリブ海の島国トリニダード・トバゴに拠点を移して制作を続けています。

彼の作品は欧米の名だたる美術館に収蔵され、美術オークションでも高額で取り引きされるほど大人気。今回は油彩画を中心に、幅3メートルを超える大型作品も展示されています。

「美しいのに怖さがある…」学芸員が震えた一枚の絵


ゴッホやマティスなどの近代画家の作品や映画のワンシーン、さらにドイグさんが暮らした場所のイメージなどを組み合わせて制作された絵画は、どこかミステリアスで魅力的。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.