くらし情報『西野七瀬の“上京物語” 東京のイメージは「人が冷たそう…?」だった』

2020年4月12日 19:30

西野七瀬の“上京物語” 東京のイメージは「人が冷たそう…?」だった

西野七瀬さんが、東京の“いま”を代表する注目ブランドの最新ルックに!その世界を表現してくれました。自らの上京物語&東京観も必見です。

一着一着がアートな東京の服。それに釣り合う私でいたい。
西野七瀬の“上京物語” 東京のイメージは「人が冷たそう…?」だった


プライベートでも東京発のブランドを愛用している西野七瀬さん。

「今日は憧れのブランドばかりで楽しかったです。特に『ビューティフルピープル』の服はラインがきれいで、もともと好き。今日着させていただいた服もどれも素材が凝っていて、仕立てがよくて。着てみてわかる質のよさが東京らしいなって」

大阪生まれの西野さん。上京前に漠然と抱いていた東京のイメージは「人が冷たそう…?」というもの。

「でも実際は全然。完全な思い込みでした(笑)。何より実家を出た解放感!休日は何時に起きてもいい。ひゃっほー!って自由を満喫してました。メンバーとの寮生活で、ホームシックもぜんっぜん!寮は個室で、食事は共同の食堂。お仕事から帰って食堂で、一緒にテレビを見ながらごはん食べて…。仲良くなる過程が楽しかったな。でも遊びに行くのは寮の周りだけでした(笑)」

いまもお出かけといえばお母さんと百貨店パトロールに向かうくらい。

「お洋服見て、デパ地下でお惣菜買って帰るっていう…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.