くらし情報『今、未来が不安なら…幸運につながる「注目ワード」#36』

2020年5月15日 19:40

今、未来が不安なら…幸運につながる「注目ワード」#36

新型コロナウイルス蔓延の犯人探しに、先進国と中国が対立したり、フェイクニュースで魔女狩りが始まったり。その根本にあるのは、命と経済の両方が守られた安心して暮らせる場所を求めている私たちの気持ち。本当は誰かを批判したり、奪ったり蹴落としたりしたいわけではありません。では、安心や信頼ができる未来創りに必要なものは? そこでは「感謝」の心が鍵を握ります。シンガポールで行われた「感謝」についての最新研究結果と、ベストセラー本『GIVE & TAKE』のメッセージを、望み通りの新しい時代をデザインする私たちに送ります。

文・土居彩

【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 36

目次

・先が見えない未来は、自分でデザインすればいい。
・感謝が安心できる未来創りのコンパスになる。
・感謝を感じると、人は協力的に。


今、未来が不安なら…幸運につながる「注目ワード」#36


先が見えない未来は、自分でデザインすればいい。

先が見えない未来にどう向き合えばいい?
これに対する「パソコンの父」こと天才計算機科学者のアラン・ケイの答えは、「未来を予測するのに一番いい方法は、それを発明すること」。
つまり先がわからないなら、自分でそれを願いどおりにデザインすればいいということ。

確かにパンデミックの先にある未来は、今私たちの決断で創られます。それはテクノ主義的な監視国家で発言の自由や安全が奪われる可能性も、また今回の台湾政府のマスク買いと分配の事例のように、情報が適切に管理されることで命や安全が守られていく可能性もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.