くらし情報『長澤まさみ「こんな息子がいたらいいな」 祖父母殺しの実話を題材にした映画で』

2020年5月23日 20:30

長澤まさみ「こんな息子がいたらいいな」 祖父母殺しの実話を題材にした映画で

17歳の少年が祖父母を殺害するという、実際に起きた衝撃的な事件に着想を得た大森立嗣監督作『MOTHER マザー』。破滅的な母親に挑戦する長澤まさみさんと、本作が俳優デビューの奥平大兼さんにお話を伺いました。
長澤まさみ「こんな息子がいたらいいな」 祖父母殺しの実話を題材にした映画で


――この作品でご家族のことを改めて考えられましたか。

長澤:やっぱり私にとってもバイブルはお母さんなので。母親の言葉に耳を傾けて育ってきたから、今の自分がある。もし、自分が親になった時にどうすればいいのかということも、ちゃんと考えながら生きていきたいと思いましたね。

奥平:今まで、母親とか家族とかがどれだけ大きな存在で、どれだけ影響されたり、影響を与えたりするのかを考えもしなかったんですけど。僕が長男で、妹が1人いるという関係がこの映画とまったく同じなので、母親や妹をちょっとは守る立場にいるんだよってことを考えさせられましたね。妹は今年中1なんですけど、環境も変わるじゃないですか。僕にできるサポートはしてあげたほうがいいんだなと、撮影が終わってから正直感じてます。

長澤:しっかりしてるなあ。ほんと、しっかりしてる。

――デビュー作でお母さん役だった長澤さんが、芸能界のお母さん的存在になりそうな予感は?

奥平:そうなんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.