くらし情報『母の日以上に悩む「父の日」のプレゼント マンネリ打破には…?』

2020年5月30日 21:00

母の日以上に悩む「父の日」のプレゼント マンネリ打破には…?

毎年巡ってくる、母の日や父の日。スルーするわけにもいかないけれど、かといって毎回お花ではなんだか適当な感じが…。ギフトコンシェルジュの真野知子さんと雑貨コーディネーターのオモムロニ。さんに話を聞きました。

団らんのひとときや花のオブジェ。脱マンネリで、感謝を伝える。

目次

・団らんのひとときや花のオブジェ。脱マンネリで、感謝を伝える。
・母の日にぴったりの、花をモチーフにしたアイテム。
・家族で共有できる、“おいしい時間”をお取り寄せ。
母の日以上に悩む「父の日」のプレゼント マンネリ打破には…?


「花なら種類を変えたり、花モチーフのオブジェにすると目新しい贈りものに」(オモムロニ。さん)

「旅行や食事など、モノではなく思い出に残る時間を贈るのも一案です」(真野さん)

面と向かって「ありがとう」とはなかなか言えないのが家族。いつもとはちょっと違う贈りもので、日頃の感謝を伝えよう。

母の日にぴったりの、花をモチーフにしたアイテム。

母の日には花束。そう決めている人も多いようだけれど、

「たまには目先を変えて、生花ではなく花をモチーフにしたアイテムはどうでしょう」

と、オモムロニ。さん。

「たとえば乾燥させた花を閉じ込めたアクリルキューブのオブジェやキャンドル、花を精細にかたどったブローチなど。あるいはお湯に入れると花びらが開くハーブティーを、ガラスのティーポットなどとともに贈るのも素敵です」

来年の母の日に、ぜひ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.