くらし情報『舞台初主演の鈴木亮平「自分が枯れないために舞台は必要」』

2016年3月2日 20:00

舞台初主演の鈴木亮平「自分が枯れないために舞台は必要」

すずき・りょうへい1983年生まれ、兵庫県出身。モデルを経て’06年に俳優デビュー。’14年にドラマ『花子とアン』のヒロインの夫役で注目を集め、昨年のドラマ『天皇の料理番』で演じた主人公の兄役が話題に。出演映画『海賊とよばれた男』の公開も控える。弊誌連載「中学英語で世界一周!」も好評。

すずき・りょうへい1983年生まれ、兵庫県出身。モデルを経て’06年に俳優デビュー。’14年にドラマ『花子とアン』のヒロインの夫役で注目を集め、昨年のドラマ『天皇の料理番』で演じた主人公の兄役が話題に。出演映画『海賊とよばれた男』の公開も控える。弊誌連載「中学英語で世界一周!」も好評。

ドラマ『花子とアン』を始め、数多くの作品で活躍中の俳優・鈴木亮平さんが、3月4日から上演の舞台『ライ王のテラス』で初の主演を務める。今回、上演直前の鈴木さんに、舞台に挑む意気込みをじっくり伺いました。

***

――先ほど、鈴木さんの初主演舞台となる『ライ王のテラス』の制作発表会見を拝見させていただきましたが、今度の舞台に対する鈴木さんの強い熱意を感じました。やはり主演ということで、向かうスタンスも違いますか?

鈴木:主演も助演も同じ姿勢で向かわれるという方も多いですが、僕は結構違うと思います。やはり主演である以上、すべての責任を背負わなければいけないと思っています。自分のキャパがそこに追いつかなくてはいけないんですが。

――でもそう思うのは、相当プレッシャーがかかることですよね。

そうですね。だからそれをいい方向にスイッチしていくようにはしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.