くらし情報『EXIT、実はコンプレックスだらけだった? スーパーポジティブになれたワケ』

2020年6月6日 20:30

EXIT、実はコンプレックスだらけだった? スーパーポジティブになれたワケ

子供の頃から紫外線アレルギーで顔に湿疹が出て、心無い言葉を言われて傷ついた経験もあったし、体型も、こういう撮影で毎回服が入らなかったりして、心から楽しめなかったりしてたんです。でも美を磨き始めてヤセたら、服のラインが綺麗に出るようになって。ホメてもらえるから楽しくなってきて、「もっとがんばろう」って思えるようになったら、コンプレックスが気にならなくなりました。

――外見磨きが自己肯定感に繋がっている?

りんたろー。:綺麗になったことよりも、「綺麗になりたいと思っていいんだ」と自分を肯定できるようになったのが大きいかな。なりたい自分に近づくことで自信や余裕が出て、他のこともがんばり始めたら、さらに結果がついてきたという感じ。

――では、今自分に自信が全くない人は、どうすれば自信を持てるようになるのでしょう?

兼近:人間、誰からも求められないときって死にたくなると思うんですよ。じゃあ求められるのってどういう人かというと、誰かを助けたり楽しませたり、必要なときにそばにいてあげる人。だから誰かのために何かをしてあげると、自分の存在を認められるようになるんじゃないかな。

りんたろー。:メガネをコンタクトに変えたり、アイプチをしたりすれば気分が明るくなる!

兼近:俺たち全然アプローチが違う(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.