くらし情報『ロックダウン緩和で変わるロンドン…名物ウォールアートに異変!?』

2020年6月11日 20:40

ロックダウン緩和で変わるロンドン…名物ウォールアートに異変!?

現在ロンドン在住のファッションジャーナリスト、平野秀美さんから、ロックダウンが徐々に解除されつつある6月のロンドンの様子が届きました。

イギリスでは6月1日より徐々に人と会うことが許されてきていますが、完全にロックダウン解除というわけではないようです。そのため、中心街に人は戻りつつありますが、以前のロンドンとは比べものにならないほど、まだまだ人が少ない状況です。

目次

・ステイポジティブ!NHSに感謝するロンドン観光地のイラスト
・ステイストロング!みんなに勇気を与えるメッセージ
・ゴリラズのキャラクターがインパクト大!
・ロンドン中心地のリバプールストリート駅
・スターバックスの前にはしっかり2m間隔のマークが!
・最後に…金融街も街は本当に人がいない!


また、今後旅行に関しても許されますが、イギリスに入国してから14日間はアイソレーション( Isolation)をしなければならず、旅行業界は困難な状態が続きそうです。

それでは、そんなロンドンの今をご紹介しましょう。まずは、ある変化が起きたウォールアートから。

ステイポジティブ!NHSに感謝するロンドン観光地のイラスト

ロックダウン緩和で変わるロンドン…名物ウォールアートに異変!?


NHS (National Health Service) とは、イギリス政府が運営する国民保険サービスで、基本的に税収によって賄われており、支払い能力にかかわらずほぼ無料で利用可能です。

もともと人材が少ないと言われているなか、このコロナ禍でNHSで働く人たちは国民のために休まず働いているヒーローとなっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.