くらし情報『『日本沈没2020』湯浅監督「最初は正直アニメにはしづらいテーマだと」』

2020年7月11日 19:00

『日本沈没2020』湯浅監督「最初は正直アニメにはしづらいテーマだと」

常にそういうスタンスでいたい、と思っています。昔アメリカから牛肉が輸入できなくなったときに、「お店を閉めよう」となった牛丼屋さんと、「じゃあ豚丼作ろう!」としたお店に分かれたんですよね。初志貫徹ももちろんカッコいいですが、僕はどちらかというと、手を替え品を替え、臨機応変にやっていって、最終的におもしろいものができればいいじゃんっていう、“波乗り”みたいなタイプなんで。だからこのコロナの自粛期間も、そんな感じで考えていました。実際、“人とネットで繋がってモノを作る”というスタイルも、まさにその“臨機応変型”ですよね。

――7月9日よりNetflixで配信となる、監督の作品『日本沈没2020』の登場人物たちも、そんなマインドの持ち主です。大地震のあと日本が沈没していくという状況の中で、戸惑いつつも、自らの手でなんとか未来を切り開こうとする。

この作品は’18年の夏から取り組んできたものなんですよ。

――世界中が大変な中での公開になりましたが、そのあたりはどんなふうに捉えていますか?
ん~…、でもそんなに深刻には考えていないです、エンタメですからね(笑)。こういう作品を怖がらずに楽しむことも大事でしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.