くらし情報『『日本沈没2020』湯浅監督「最初は正直アニメにはしづらいテーマだと」』

2020年7月11日 19:00

『日本沈没2020』湯浅監督「最初は正直アニメにはしづらいテーマだと」

もちろん、絵であることの弱さもあるとは思います。俳優さんだったら、顔がドンと映ればそれだけで画になりますが、アニメの絵では存在感が薄いのでそうはいかない。ただ、シンプルだからこそできる、伝えられることはあると思うんです。情報量が少ないからこそ、観ている人の想像をふくらませることができる。

――監督が作られてきた作品の中でも、『日本沈没2020』は、かなりシンプルな作画ですね。

いつもだったら、アニメーション的なデフォルメを大きくしたりするんですが、今回はそれはあまりせず、お芝居もあまり大げさにせず、淡々とやっていこうと。追い立てられるように出来事が起こる中で、それを実感する間もなく前に進んでいかざるを得ない、そんな彼らの気持ちを表現したいと思いました。一枚絵としてはシンプルですが、ストーリーやセリフのやり取りの中で、リアリティを感じてくれたら、と思います。

湯浅監督の最新アニメ作品
Netflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』
小松左京氏が’73年に発表した小説『日本沈没』を原作としたアニメ。架空の2020年、平和な日本に発生した巨大地震により、日本列島が沈没していく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.