くらし情報『冤罪の過去も! 頭脳警察PANTA「スティングに負けない」大波乱人生』

2020年7月15日 20:00

冤罪の過去も! 頭脳警察PANTA「スティングに負けない」大波乱人生

生きるうえで欠かせないものといえば衣食住ですが、人生をより豊かにしてくれるもののひとつといえば音楽。そこで、音楽に人生を捧げ、“日本語ロックの元祖”と言われているこちらの方にお話をうかがってきました。

写真・北尾渉(PANTA)

頭脳警察のPANTAさん!

目次

・頭脳警察のPANTAさん!
・曲とシンクロする事件が本当にたくさんあった
・「日本には俺がいるんだ!」という自負が湧き上がった
・音楽の存在に関する大きな問題と向き合っている
・高校時代に味わった怒りがモチベーションの根幹
・ヒーローがいなければ自分がなればいい
・インタビューを終えてみて……。
・ライブの熱気を肌で感じる!
・刺激的な予告編はこちら!
・作品情報
冤罪の過去も! 頭脳警察PANTA「スティングに負けない」大波乱人生


【映画、ときどき私】 vol. 310

1969年にPANTAさんとTOSHIさんによって結成された頭脳警察は、反戦・反体制運動が激化するなか、過激な歌詞と自由なメロディで若者から圧倒的な支持を得た伝説的ロックバンド。

その後、解散と再結成を繰り返しながらさらなる進化を遂げてきた頭脳警察ですが、まもなく公開の映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』では、過去から現在までの長い歴史を堪能することができます。今回は、映画では語られていない裏話から音楽への熱い思いまでを語っていただきました。

―頭脳警察は昨年で結成50周年を迎えましたが、まずは振り返ってみていかがですか?

PANTAさん本当に月並みな答えですけど、一瞬でしたね。何とかここまでやってこれたんだなと。でも、もともとは続けようという意識はなかったんですよ。

というのも、ファーストアルバムが1972年に発売中止となり、続くセカンドアルバムも発売禁止となったので、本当は社会から早く抹殺されなきゃいけなかったバンドでしたから……(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.