くらし情報『「お杉とB子」が選ぶ「勝手にアカデミー」大賞 最優秀作品は意外?『悪党に粛清を』』

2016年3月19日 12:00

「お杉とB子」が選ぶ「勝手にアカデミー」大賞 最優秀作品は意外?『悪党に粛清を』

CGも使ってるけど、アカデミー賞も動物部門を新設すればいいのに。

B子:それ、ハンドラーの励みになるわ。アジアのはしから提言します。

お杉:グリズリーが最恐なら、最強にかわいかったのが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBB-8。

B子:ボストンから世界に衝撃の事実を発信した人たちも素敵よ。

お杉:『スポットライト 世紀のスクープ』はカトリック教会の暗部をスクープしたボストン・グローブ紙の取材チームの実話。とにかく、リーヴ・シュレイバーが演じる編集局長が素敵。理想の上司賞贈呈よ。

B子:私もこんな上司の下で働きたかった。大局を見てるし、常に穏やか。ピンチのときもこの人なら絶対に大丈夫という安心感がある。

お杉:独身っていうのも魅力よね。

B子:それ、チームの活躍と全然関係ないけど…。

◇おすぎとびーこ『バットマンvsスーパーマンジャスティスの誕生』(3月25日公開)で、久々にベン・アフレックにときめく予定。(お杉)復活中のキアヌ・リーヴスが『砂上の法廷』で辣腕弁護士を熱演。でも真のびっくりはレニー・ゼルウィガーの変貌ね。(B子)

◇『悪党に粛清を』7年ぶりに再会した妻子を殺害された男の復讐劇!4月29日DVD発売。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.