くらし情報『難民から王者へ…強制送還の危機から逃れるために少年が起こした奇跡の実話』

2020年8月13日 19:40

難民から王者へ…強制送還の危機から逃れるために少年が起こした奇跡の実話

現在、空前の将棋ブームが巻き起こっていますが、同じく“盤上の格闘技”と言われている競技といえばチェス。そこで、フランスのチェス界を賑わせたある天才少年の波乱の人生を映画化した注目作をご紹介します。

感動の実話『ファヒム パリが⾒た奇跡』

目次

・感動の実話『ファヒム パリが⾒た奇跡』
・ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル監督
・物語に真心を持って語ることが大事だと気がついた
・俳優たちとは時間をかけてわかり合うことができた
・普遍的なテーマをこの映画から感じてほしい
・本人から日本の観客へメッセージ
・小さな巨人から大きな力をもらう!
・心を揺さぶる予告編はこちら!
・作品情報
難民から王者へ…強制送還の危機から逃れるために少年が起こした奇跡の実話


【映画、ときどき私】 vol. 318

政変が続くバングラデシュに暮らしていたファヒムは、身の危険を感じ、父親と一緒にフランスのパリへと脱出をする。わずか8歳にして、母親と離れ離れになってしまうだけでなく、言葉も文化も違う異国で、さまざまな困難に見舞われることに。

そんななか、母国で“チェスの天才”と呼ばれていたファヒムは、フランスでもトップコーチのシルヴァンと出会う。国籍も年齢も超えてぶつかり合っていた2人だったが、いつしか信頼関係で結ばれていた。ところが、父親が強制送還の危機にさらされ、姿を消してしまう。その問題を解決する唯一の方法は、ファヒムがフランス王者になることだった……。

1人の少年の実話をもとに映画化された本作は、本国フランスでも多くの観客の心を捉えた話題作。今回は、本作を手掛けたこちらの方にお話をうかがいました。

ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル監督

難民から王者へ…強制送還の危機から逃れるために少年が起こした奇跡の実話


もともとは俳優としても活躍しているピエール監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.