くらし情報『浅香唯「あえて夢を持たずに来たから」ライザップCMで開いた新境地』

2020年10月11日 19:30

浅香唯「あえて夢を持たずに来たから」ライザップCMで開いた新境地

【音楽通信】第52回目に登場するのは、80年代に数々のヒット曲を放ち「日本一忙しいアイドル」と呼ばれ、2020年にデビュー35周年を迎えた、浅香唯さん!

写真・大内香織 取材、文・かわむらあみり

【音楽通信】vol.52

“浅香唯”として伝えなきゃいけない何かがある

目次

・“浅香唯”として伝えなきゃいけない何かがある
・35周年記念BOXは観て楽しんでもらえるアルバム
・何かに縛られずにずっと冒険していきたい
・Information
浅香唯「あえて夢を持たずに来たから」ライザップCMで開いた新境地


1985年6月に、シングル「夏少女」で歌手デビューした、浅香唯さん。翌年には、連続ドラマ『スケバン刑事III少女忍法帖伝奇』で、主役の三代目「麻宮サキ」役でブレイクし、「虹のDreamer」「C-Girl」「セシル」「TRUE LOVE」などがヒットチャート1位を獲得し続けました。

その後もトップアイドルとして精力的に活動を続けていましたが、1993年、充電期間に突入。1997年、4年半振りのシングル「Ring Ring Ring」をリリースし、タレント、女優としての活動も再開されました。

そんな浅香さんが、2020年6月にデビュー35周年を迎え、9月23日に『YUI ASAKA 35th Anniversary〜君がずっと見ている〜』をリリースされたということで、お話をうかがいました。

ーー今年35周年ということで、以前のことから少しお話をお聞かせください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.