くらし情報『信号待ちも深呼吸…“すき間マインドフルネス”のすすめ』

2020年9月5日 18:30

信号待ちも深呼吸…“すき間マインドフルネス”のすすめ

日常の空き時間に“今に集中する”マインドフルネスを試してみて。感情や雑念に流されない、平穏な気持ちを取り戻せる。

心を落ち着かせて、脳を休める方法。

「マインドフルネスは“今に集中”するためのトレーニングです。心が落ち着かせ、脳を休める方法ともいえます」と、日本でメソッドの紹介を行う、荻野淳也さん。

たとえば、何か物事に取り組もうとしたとき、それに反してさまざまな感情や雑念が湧くことがあるが、まさにそれが今に集中できない状態。感情や思考がとっ散らかっているため、ストレスの原因となり、心を疲弊させるという。

「そんな心のざわつきを、“今この瞬間”に注意を向けてクリアな状態にするのがマインドフルネス。自分の内面で起きていることに気づく力が養われるため、一時的な感情や雑念に流されることが少なくなります」

いろいろなトレーニング法があるが、今回は一日中、すき間時間に簡単に行えるものを紹介。

「長時間行うより、毎日短時間で行うことが大切。続けると集中力が高まり感情をコントロールできるようになるので、穏やかな気持ちが保てるようになります」

マインドフルネス基本の瞑想。
信号待ちも深呼吸…“すき間マインドフルネス”のすすめ


  • 椅子に腰掛けて骨盤を立て、脚は組まずに地面に足裏がついていることを意識して座る。

  • 関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.