くらし情報『9人に1人が乳がんに!? 検診前に聞いて安心の予備知識』

2020年9月9日 20:30

9人に1人が乳がんに!? 検診前に聞いて安心の予備知識

いつかは受けるものだとわかっているけど、まだいいかと思いがちな乳がん検診。どんな人が、どんなときに必要なの?自分でもチェックしたほうがいいって本当?検診デビューの前に予習しておくと安心です。

目次

・9人に1人がかかる、実は身近な病気。
・若いときに検査をしても発見されない
・費用は受ける方法によって変わる。
9人に1人が乳がんに!? 検診前に聞いて安心の予備知識


9人に1人がかかる、実は身近な病気。

早期発見で治るからこそ検診がいちばん大切。
9人に1人が乳がんに!? 検診前に聞いて安心の予備知識


私たち女性がかかる可能性の高いがんといえば乳がん。割合にすると、がんを患った女性のうち、約2割が乳がんに罹患している(2014年の全国がん罹患モニタリング集計より)。

「年々増加傾向にあり、最新の統計によれば、日本人女性の9人に1人が生涯のあいだに乳がんを発症するというデータも」

こう話すのは、個人診療の乳がん検診にも対応している乳腺専門医の尹玲花先生。

乳がんは、乳房の中にある乳腺に発生する悪性腫瘍。比較的進行がゆっくりなので、早期に発見できれば治る確率が高くなる。となると、なんといっても検診が頼みの綱だ。

乳がんや検診についての基本的な知識は、もはや知っていて当然、現代女性に必須の常識といえそう。まだ検診を受けたことがない人も、実はよくわからないまま受けてきた人も、正しくアップデートしていこう。

若いときに検査をしても発見されない

家族歴がなければ30歳までは検査不要!
9人に1人が乳がんに!? 検診前に聞いて安心の予備知識


若いうちはマンモグラフィなどの検診を受けなくていい、という噂は本当だろうか?

「はい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.