くらし情報『伊藤沙莉「タヌキ側に属する私にしかできない」 オファー殺到の理由は?』

2020年9月26日 20:00

伊藤沙莉「タヌキ側に属する私にしかできない」 オファー殺到の理由は?

あどけない表情に、個性的なハスキーボイス。彼女には、自然体で、媚びない愛らしさがある。公開を控える作品を含め、今年は8本もの映画に出演。もっとも勢いのある若手女優のひとりにお話を聞きました。
伊藤沙莉「タヌキ側に属する私にしかできない」 オファー殺到の理由は?


子役から始めて、芸歴17年。長いキャリアの中で、これまでに伊藤沙莉さんが演じてきた役は、誰もが憧れるような美人役では決してない。ヒロインに嫉妬する小娘、モテないOL、SNSで毒を吐き続けるフリーターなど、どこか自分に自信が持てずにいる、等身大で飾らない普通の女の子が多い。そしてこの秋、出演映画が立て続けに公開され、映画『タイトル、拒絶』では、主人公のカノウを演じる。これは伊藤さんが、絶対に誰にも渡したくなかったと話すほど意欲的に臨んだ役だそう。

「カノウは、ウサギに憧れるタヌキのような、イケていない普通の女性なんですが、まさに自分自身がそう。ウサギ側に属するきれいな女優さんは、キラキラしているし憧れますが、私は自分のことをタヌキ側の人間だと思っているので、なりたいとも、なれるとも思っていません。映画やドラマでは、タヌキをウサギ側の人が演じることも多いんですね。でもカノウ役でそれをしたら彼女の苦悩が全く伝わらない気がするんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.