くらし情報『圧巻のカリスマ性! 「英国王室」肖像画展にウィリアム王子一家の写真も』

2020年10月8日 19:30

圧巻のカリスマ性! 「英国王室」肖像画展にウィリアム王子一家の写真も

15世紀に始まるテューダー朝から現在のウィンザー朝まで、英国に君臨した国王と女王陛下の肖像画がこの秋「ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING&QUEEN展」として、海を渡ってやってくる。そのカリスマ性ときたら圧巻だ。

世界で一番注目を集める一族、英国のロイヤルファミリー。そのファッションや一挙一動がマスコミを賑わせているけれど、現役の彼ら以上に世を騒がせ、時に栄光、時に血と屈辱にまみれた、ドラマティックな一生を歩んだのがそのご先祖たち。

6人の妻をめとり、そのうち2人を処刑したヘンリー8世、絶対王政のもと大英帝国の礎を築いたエリザベス1世など、世界史の教科書に登場する絶対君主もいれば、断頭台の露と消えた悲劇の王様、かたや美食家で知られ、紅茶を広めたとされる女王様の姿も。豪奢な衣装の奥に垣間見える、人間性も気になるところ。

歴史は下り、ロイヤルウェディングフィーバーを巻き起こしたダイアナ妃、現王室の顔、ウィリアム王子とキャサリン妃の家族写真まで見どころ満載。フィクションより波瀾万丈な英国王室の物語、それを肖像画で見る面白さは極めつきだ。

英国史上、最強の王ヘンリー8世。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.