くらし情報『蓮沼執太 「単に就職したくなかったから(笑)」ミュージシャンに!?』

2020年10月19日 19:30

蓮沼執太 「単に就職したくなかったから(笑)」ミュージシャンに!?

ソロ、映画や舞台の音楽、他アーティストへの楽曲提供など、蓮沼執太さんの音楽活動は多岐にわたる。なかでも大所帯なのが、26人編成の現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ、蓮沼執太フルフィル。そのニューアルバム『フルフォニー|FULLPHONY』が8月に配信リリースされ、10月28日にはアナログ盤とCDが発売。ほかにも音づくりを視覚化した展示など、さまざまなプロジェクトを手がけている。
蓮沼執太 「単に就職したくなかったから(笑)」ミュージシャンに!?


――蓮沼さんは本当にいろんな活動をされていますが、そもそもその原点は何になるのか、キャリアのスタートから教えてください。

大学生の時に、都市や自然の音を録りに行くというフィールドワークをやっていて、それをもとに自分で曲をつくって、SNSにアップしたり、レコードレーベルにデモを送ったりしていたんです。そのうちにアメリカのインディーズレーベルから「アルバムを出さないか」とコンタクトがあって。僕も知っているレーベルだったので、ぜひということになりました。

――もともとミュージシャンになりたかったのでしょうか?

音楽は好きで、ハードロックとかヒップホップをよく聴いていましたけど、いわゆる“バンドやりたい!”みたいな感じではなかったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.