くらし情報『蓮沼執太「無関心で生きてきたりしたことが…」コロナ、BLMで思うこと』

2020年10月19日 20:00

蓮沼執太「無関心で生きてきたりしたことが…」コロナ、BLMで思うこと

ソロのミュージシャンとして活動を始め、その後、26人編成の現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ“蓮沼執太フルフィル”や芸術面などでも注目を集めることとなった蓮沼執太さん。8月にはニューアルバム『フルフォニー|FULLPHONY』を配信リリース、10月28日にはアナログ盤とCDが発売されます。そんな蓮沼さんに、多岐にわたる創作の根底にある思いを聞きました。

環境の声に耳を傾ける。いまこそそれが大事では。
蓮沼執太「無関心で生きてきたりしたことが…」コロナ、BLMで思うこと


――蓮沼執太フルフィルのニューアルバムが8月に発売されましたが、それこそ大人数で会うことがなかなか難しいいま、フルフィルでアルバムを出された意味とは?

実はこのアルバムは、昨年の春頃にレコーディングしたものなんです。年末くらいにはリリースしようとしていたところ年が明けて、そうこうしているうちにコロナ禍になり…。全10曲のうち前半5曲は、合奏が自由にできた時代の生演奏です。後半5曲は、前半5曲のリミックスバージョン。後半を作ったのは今年の3月とか4月で、それこそコロナ禍の只中。そもそも合奏とは何だったのだろう。合奏した音源をリミックスとして再構築することで、その意味を自分なりに考えようと思ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.