くらし情報『新木優子、寝る間もなく働く報道記者を熱演 見た目のリアルにもこだわり』

2020年10月18日 19:00

新木優子、寝る間もなく働く報道記者を熱演 見た目のリアルにもこだわり

連続ドラマW『セイレーンの懺悔』でWOWOW“連続ドラマW”初出演にして初主演を務めた新木優子さん。報道のタブーに切り込み、真実を問うことをテーマにした中山七里による同名原作小説は、“ドラマ化は不可能”といわれてきただけに、注目が集まっている。

自分と違う価値観や感覚でも、一度インプットすることが大事。
新木優子、寝る間もなく働く報道記者を熱演 見た目のリアルにもこだわり


「社会問題や事件の核心に迫るのが得意なWOWOW作品での主演は、期待に応えられるかの緊張や不安もある半面、やりがいも感じて嬉しかった。真実を追求することの奥深さや、そこに迫るためのダークな部分をしっかり演じて見せたいという一心でした」

物語は、女子高生の誘拐殺人事件をきっかけに、新たな事件が巻き起こるノンストップサスペンス。

「私が演じるのは、テレビ局の看板報道番組の記者で入社2年目の朝倉多香美。多香美は、必死ながらも新人として見られたくないとか、大先輩に食らいつき張り合いながら仕事をしたい、という強気な性格で正義感も強い。ただ、次第に多香美の過去の背景が明らかになっていき、その正義感はもとから持っていたものではないとわかった時は、正義にもいろいろな形があることを知りました。私自身、普段は報道の世界との接点がないので、報道記者ってきっと大変な仕事なんだろうな…ぐらいに思っていたんですが、演じてみると想像以上に大変で。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.