くらし情報『少女マンガ“革命児たち”の青春秘話…『少年の名はジルベール』がアツイ!』

2016年4月19日 08:00

少女マンガ“革命児たち”の青春秘話…『少年の名はジルベール』がアツイ!

カラーの口絵ページや大泉サロン内部を描いたイラストなども収録。『風木』のジルベール誕生の瞬間など少女マンガの歴史的事件が目白押し。小学館1400円

少年愛やSFを題材とする名作で少女マンガに革命を起こした、竹宮惠子さん。『少年の名はジルベール』は、竹宮さんがマンガ家を志して上京、『風と木の詩』(以下、『風木』)を発表して社会に衝撃を与えるまでのほんの5~6年間を綴った自伝であり、青春記だ。

’70年に、竹宮さんと萩尾望都さんが、盟友の増山法恵さんによって出会い、東京都練馬区大泉の古い木造アパートで同居生活を送る。竹宮さんたちは、のちに<大泉サロン>と呼ばれるようになるその場所で、「24年組」「ポスト24年組」に名を連ねるマンガ家の山岸凉子さん、ささやななえこさん、佐藤史生さんらと、創作論やマンガ談議に花を咲かせた。

「私の一生の中でもいちばんドラマティックな部分ですね。’72年の秋には、萩尾さん、増山さん、山岸さんの4人で45日間の欧州取材旅行にも行きました。とにかく本物を見て、たとえばドアノブの遊びの部分はどんなふうになっているのかなど、リアリティを込めたいという一心で」

実は、<大泉サロン>があったのは、わずか2年ほど。才能がせめぎ合うからこその、萩尾さんへの複雑な思いは、読んでいるだけで胸がキリキリしてくる。また、『風木』誕生を巡ってバトルを繰り広げたYさん、布石を打ってくれたMさん、ふたりの編集者とのドラマも熱い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.