くらし情報『マスク時代は“毒出しうがい”が常識に? 口内環境の整え方』

2020年10月23日 20:50

マスク時代は“毒出しうがい”が常識に? 口内環境の整え方

ばい菌や食べかすのこと。それらの除去が健康のためには必須。

現代人の口内事情
マスク時代は“毒出しうがい”が常識に? 口内環境の整え方


マスクの日常化で口呼吸気味になり、それに端を発した唾液不足による口臭や歯周病。また、不安定な生活がストレスとなり、無意識のうちに歯ぎしりをして歯が欠けてしまうなど、口内事情はかつてないほど劣悪に!

毒出しうがいのメリット
手軽に清潔にできる。
口内を清潔に保つには歯磨きももちろん有効だけれど、外出先で行うには歯磨きセットを持ち歩かなければいけないし、磨く時間もかかる。その点、毒出しうがいは水さえあればOK。しかも、短時間で口の中がきれいに。

口内の筋肉が鍛えられる。
毒出しうがいは口の上下左右に、勢いよく水を当てていくのがポイント。かなり筋肉を使うため、マスクの下で緩みがちな口元を鍛えることができる。すると口呼吸がなくなり、外敵の侵入をブロック。唾液も潤沢に。

歯周病の予防に一役。
歯周病とは、歯を支える骨が溶けてしまう病気。その原因となる歯石は、歯垢によってできるが、歯垢は食べかすにばい菌が集まり塊となったもの。毒出しうがいは食べかすやばい菌の除去に有効なので、歯周病予防に良好。

基本の毒出しうがい
1、上の歯を洗う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.