くらし情報『幼い息子が旅行先で突然失踪…母親の10年にわたる葛藤と再生の物語』

2020年10月22日 21:20

幼い息子が旅行先で突然失踪…母親の10年にわたる葛藤と再生の物語

―確かに、観客によって受け取り方は大きく異なるほど“余白”があると思いました。

監督僕としては、この映画という旅を一緒に歩むなかで、必ずしも答えがなければならないとは思っていません。実際、最初に決めていたことだけでなく、現場の流れのなかで生まれた部分もたくさんありましたから。

これからも信憑性のある作品を作っていきたい

幼い息子が旅行先で突然失踪…母親の10年にわたる葛藤と再生の物語


―では、作品を作り上げるうえでもっとも苦労したのは、どのあたりでしょうか?

監督ジャンとエレナの2人の関係性を表している場面がありますが、エモーションの部分が絡んでくるようなシーンは難しかったと言えるかもしれないですね。なぜかというと、ここで彼らがお互いのことをどういうふうに見ているのか、2人の関係は何なのかというのを問いただすところでもあったからです。

彼らの関係性は「相手に喜んでほしい」とか「相手を幸せにしたい」といった感情からできあがっているので、冒頭でまるで死んでいるかのような状態だったエレナが磁石のように引き付ける存在のジャンのおかげで光へと向かう旅に出ることができたのです。と同時に、ジャン自身も自分の旅をしているので、最終的にはお互いに助け合って旅を続けている側面が大きかったように感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.