くらし情報『「叫んでいる凶暴な人たち」のイメージを拭った若き台湾活動家の意外な真実』

2020年10月28日 19:30

「叫んでいる凶暴な人たち」のイメージを拭った若き台湾活動家の意外な真実

最終的には50万人もの人々がデモを応援して街に出てきてくれたので、その様子にはとても感動しました。

不安もあったが、達成感も味わった

「叫んでいる凶暴な人たち」のイメージを拭った若き台湾活動家の意外な真実


―とはいえ、身の危険を感じるようなことはなかったですか?

監督ひまわり運動の6日目に、立法院へ突入することになりましたが、建物の周囲は有刺鉄線だらけ。安全が確保されていないなかで、その柵を乗り越えなければならなかったので不安はありましたが、有刺鉄線を踏みつけて乗り越えたとき、ある種の達成感のようなものを味わいました。もちろん、本来は危険な行動を取りたくはないですが、あのときはそうせざるを得ない状況だったと思います。

―この作品ではそういった政治的な面だけでなく、学生たちの青春についても映し出されていますが、監督自身は青春時代に熱中していたことを教えてください。

監督私が若い頃は、社会運動のことを知らなかったので、そういったことに参加することもなく、大学受験のために勉強を一生懸命していました。とはいえ、高校生の頃はアイドルを追っかけたり、ライブに行ったりしていたことも(笑)。ごく普通の学生たちと同じようなタイプでしたね。

よりよい大学に行って、学校生活を楽しもうという気持ちが強かったので、社会運動に対しては「なんで社会運動なんかしなきゃいけないんだろう?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.