くらし情報『蒼井優のある姿を見て…感極まった宮藤官九郎に監督が共感したワケ』

2020年11月5日 19:10

蒼井優のある姿を見て…感極まった宮藤官九郎に監督が共感したワケ

ベストセラーの漫画や小説の映画化作品が人気を博していますが、この秋注目したい1本は、芥川賞と文藝賞をW受賞した小説を映画化した『おらおらでひとりいぐも』。東北弁のタイトルに込められているのは、「私は私らしく一人で生きていく」という意味ですが、本作では75歳でひとり暮らしをすることになった桃子さんが孤独な生活のなかで、“新たな世界”を見つけていくまでが描かれています。そこで、こちらの方々に本作の見どころについて、お話をうかがってきました。

写真・北尾渉(沖田修一、若竹千佐子)

沖田修一監督&原作者の若竹千佐子さん

目次

・沖田修一監督&原作者の若竹千佐子さん
・田中裕子さんだからこそ生まれた瞬間はたくさんあった
・自分と似ている、と感じる人は多いはず
・愛と自由の二択なら、愛を蹴飛ばしても自由を選びたい
・自己決定権や自由な時間はかけがえのないもの
・ユーモアも感動もつまった人間賛歌!
・ストーリー
・心が温かくなる予告編はこちら!
・作品情報
蒼井優のある姿を見て…感極まった宮藤官九郎に監督が共感したワケ


【映画、ときどき私】 vol. 337

今回、斬新な演出で見事に映像化を実現させたのは、『南極料理人』などで知られる沖田修一監督(写真・左)。そして、55歳で夫を亡くしたあと、主婦業をしながら小説講座に通い、63歳で作家デビューを果たしたという異色の経歴でも話題となっているのが原作者の若竹千佐子さん(同・右)です。そんなお二人に、多くの共感を呼んだ本作の魅力や観客へ伝えたい思いなどについて、語っていただきました。

―監督は原作を読まれたとき、どういった映画にしたいと思われましたか?

監督まずは、主人公の抱える寂しさや自己葛藤みたいなところをうまく映画にできたらいいなということを考えました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.