くらし情報『嘘と本当のあいだ…松岡茉優が疑心暗鬼になるバラエティ番組とは?』

嘘と本当のあいだ…松岡茉優が疑心暗鬼になるバラエティ番組とは?

2016年4月23日 15:00
 

関連リンク

・ジャニーズ新グループ「King & Prince」口パクデビューに辛辣意見
・篠原ともえ「どんどん好きになっちゃう」写真を飾るほどタイプの男性とは
・デビュー時「衝撃記録」持つアイドルグループが解散
まつおか・まゆ1995 年生まれ。‘08年に『おはスタ』でデビュー。連続テレビ小説『あまちゃん』をきっかけに演技で高い評価を得るほか、バラエティ番組でも注目を集める。『ちはやふる 下の句』が4月29日公開。

ポテトサラダの食べ方や、内ポケット活用法…。些細なこだわりを楽しむ人=“おこだわり人”という名の変人たちを紹介していく、清野とおる作の漫画『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』。

この番組は、その漫画に登場する実在のおこだわり人を、松岡茉優さんと、松岡さんの大親友の女優・伊藤沙莉さんが取材して回るバラエティ番組。…に見せかけて、実は二人のキャラを設定した脚本が用意された、“フェイクドキュメンタリードラマ”です。

「けど、現場で起きることが事細かに決まっているわけじゃなく、行動や反応が委ねられているんです。だから、ドキュメンタリー。本当と嘘がごちゃごちゃになっていきます」

脚本には、仲良しの松岡さんと伊藤さんが辛辣な言葉をかけ合う場面が指示されていることも多々。

「脚本の私たちと普段の私たちとの境がわからなくなって、本当にギスギスしちゃう時もあるんですよ。だから撮影終わりには、いつもハグをしようって決めました。“大丈夫だよ、終わったよ”って(笑)。バラエティ的な瞬発力と、役者としての力、そして人間力も試されています」

清野さんの作品はギャグ漫画。ドラマの見どころも笑いにあり?

「私たちは渦中というか、もう“末期”になってやってるのでわからなくて…。ただ撮影中に監督の松江(哲明)さんを見ると床叩いて笑ってるので、客観的に見たら面白いんだと思います。こっちは真剣だから複雑なんですが。『笑い声、絶対入ってるし!』って(笑)。みなさんにもあざ笑ってほしいです。人間同士のぶつかり合いを」

末期というほど役者が追い込まれる状況を、監督が“演出”しているのかが気になるところ。

「松江さんは、いい意味で何を考えているかわからない。手の内を全ては明かさない方ですね。今日も別件でメールをしていたら『取材よろしくお願いします』と来て。『今日取材って、なんで知ってるんだろう…まぁ、知ってるか、監督だからね』と思いつつ、部屋に入ってまず隠しカメラ確認しました。『ないよね!?』って。それくらい疑ってます(笑)」

最後に松岡さん自身のおこだわりを聞いてみると…。

「来ました!実は松岡のそれが、作品の裏テーマにもなっていまして…“企業秘密”ですね、格好よく言えば。これを読んでいただいた方には、『これか!』と思える時が来るので、楽しみにしていてください」

◇まつおか・まゆ1995 年生まれ。‘08年に『おはスタ』でデビュー。連続テレビ小説あまちゃん』をきっかけに演技で高い評価を得るほか、バラエティ番組でも注目を集める。『ちはやふる 下の句』が4月29日公開。

◇『山田孝之の東京都北区赤羽』を手掛けた、監督・松江哲明、脚本家・竹村武司、漫画家・清野とおるが再集結。ドキュメンタリーとフィクションが交じり合う、類のない撮影手法にも要注目。テレビ東京他、毎週金曜24:52~。「私たちは必死なのに、監督は床を叩いて笑ってます」(C)『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』製作委員会

※『anan』2016年4月27日号より。写真・内田紘
『山田孝之の東京都北区赤羽』を手掛けた、監督・松江哲明、脚本家・竹村武司、漫画家・清野とおるが再集結。ドキュメンタリーとフィクションが交じり合う、類のない撮影手法にも要注目。テレビ東京他、毎週金曜24:52~。「私たちは必死なのに、監督は床を叩いて笑ってます」(C)『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』製作委員会

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.