くらし情報『佐橋佳幸が語る「坂本龍一や松任谷由実らが愛する音響ハウスの魅力」』

2020年11月13日 19:20

佐橋佳幸が語る「坂本龍一や松任谷由実らが愛する音響ハウスの魅力」

いまや多くの人の日常生活において欠かせない音楽ですが、私たちのもとに届くまでにもさまざまなドラマがあるもの。そこで、名曲の誕生秘話を存分に味わえるドキュメンタリー『音響ハウス Melody-Go-Round』をご紹介します。見どころについて、こちらの方にお話をうかがってきました。

写真・北尾渉(佐橋佳幸)

ギタリストの佐橋佳幸さん

目次

・ギタリストの佐橋佳幸さん
・「ここに来ない理由がない」のひと言に尽きる
・おもしろいインスピレーションが湧いてくる場所
・みんなの思いがそのまま曲に反映されている
・時代にそくしたものづくりを大事にしていきたい
・インタビューを終えてみて……。
・45年にわたる歴史の重みを感じる!
・ストーリー
・心が躍る予告編はこちら!
・作品情報
佐橋佳幸が語る「坂本龍一や松任谷由実らが愛する音響ハウスの魅力」


【映画、ときどき私】 vol. 343

佐橋さんが出演している本作で舞台となっているのは、昨年で創立45周年を迎え、「CITY-POP」の総本山として近年ふたたび注目を集めているレコーディングスタジオ「音響ハウス」。今回は、日本の音楽史を陰で支え続けてきた音響ハウスとゆかりの深い佐橋さんに、スタジオの魅力や忘れられない思い出などについて語っていただきました。

―まずは、初めて音響ハウスに来たときのことを教えてください。

佐橋さん高校の先輩に、シンガーソングライターのEPOさんとアレンジャーの清水信之さんがいましたが、僕が音楽業界に入る大きなご縁となったのは、彼らとの出会いでした。あるとき、そのおふたりが音響ハウスでレコーディングしていると聞いて、「見学に行っていいですか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.