くらし情報『テヨン、8年ぶりに『anan』に登場! 「ステージという場所は、私にとって“最終目的地”」。』

2020年11月25日 18:00

テヨン、8年ぶりに『anan』に登場! 「ステージという場所は、私にとって“最終目的地”」。

テヨン、8年ぶりに『anan』に登場! 「ステージという場所は、私にとって“最終目的地”」。


--ミニアルバム『#GirlsSpkOut』の収録曲「Be Real」では、悩み揺れる等身大の女性の心情が繊細に表現されていると感じました。テヨンさんは何かに悩んだ時、どうしますか?

日記を書くのが好きで、文章を書きながら気持ちを落ち着かせたり、考えを整理することが多いですね。文章を書くことは、もう習慣になっていて。日記用のノートは自分で買いに行きます。きれいでかわいいノートを選んで、そこにシールを貼ったりして、自分だけの日記帳を作るのが好きです。

--日記は、いつ頃から書き始めたのですか?

少女時代としてデビューした頃から書き始めました。仕事が終わったら、その日にあった出来事を書き留めていました。かなりの冊数が溜まってしまっていたんですが、日記って気軽に捨てるのは難しくて…。慎重な性格なので、念のため燃やして処分したこともあります(笑)。過去の日記は、今は恥ずかしすぎて読めないですね。それに私、過去のことは振り返らないタイプなので!
--以前、インスタライブで「インドア派である前に歌手だから、歌いたいし、公演もしたい」とステージに対する恋しさを語っていましたが、テヨンさんにとってステージとはどんな場所ですか?

歌手として一番、自分が歌手であるということを実感できる場所ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.