くらし情報『吉澤嘉代子がエビ中「曇天」をセルフカバー 楽曲提供に込めた思いとは?』

2020年12月1日 19:30

吉澤嘉代子がエビ中「曇天」をセルフカバー 楽曲提供に込めた思いとは?

自分ではない別の誰か、別の物語の登場人物になることに憧れがあったんです。それが今、音楽を通して表現できているのかも」

生身の自分が大声で歌うなんて本当は恥ずかしいと言う。だからこそ曲の物語の主人公になれたら思い切り自由になれる。今作のカップリング曲「曇天」は私立恵比寿中学に提供した作品のセルフカバー。楽曲提供の際は「やっぱり、そのほうが一番興味を持っていること、夢中になって歌えるような内容で書きたいなと思うから」と、なるべく歌い手に寄り添って制作をする。

「『曇天』ではちょっと大人なエビ中を書きたかったので、ファンの方が聴いたらヒリヒリと胸を痛めるくらいの内容だったかもしれません。今回、自分が歌うのであれば、もっと主人公を曇天の向こうに導けるような優しさを込めてセルフカバーしたいなと思って歌いました」

今年はレコード会社の移籍と30歳を迎えた新たな節目でもあり、ときめきを追求し続ける吉澤さんの音楽制作は今後も更に充実したものになりそうだ。

吉澤嘉代子がエビ中「曇天」をセルフカバー 楽曲提供に込めた思いとは?
『サービスエリア』。表題曲はムードたっぷりの生楽器と打ち込みのシンセが織りなす、夜のドライブが似合うサウンド。【初回限定盤(CD+DVD)】¥2,500【通常盤(CD)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.