くらし情報『OAU・TOSHI-LOW「名前を覚えていなくても心に残ってくれたら」15年の軌跡』

2020年12月8日 19:20

OAU・TOSHI-LOW「名前を覚えていなくても心に残ってくれたら」15年の軌跡

【音楽通信】第62回目に登場するのは、結成15年を迎えたアコースティックバンド「OAU(オーエーユー)」のフロントマン、TOSHI-LOWさん!

【音楽通信】vol.62

BRAHMANもOAUも、もう1回はやりたくない

目次

・BRAHMANもOAUも、もう1回はやりたくない
・アルバムは「サラッと聴いても何か心に残ったら」
・「心を開いて、おもしろく生きていきたい」
・Information
OAU・TOSHI-LOW「名前を覚えていなくても心に残ってくれたら」15年の軌跡


TOSHI-LOWさんは、1995年に結成された日本が誇るライブバンドでもある、ハードコアパンクバンド「BRAHMAN(ブラフマン)」のボーカリストとして、そのカリスマ性で多くのロックファンから支持されています。

2005年には、TOSHI-LOWさん(Vo, A.G)、KOHKIさん(A.G)、MAKOTOさん(Cb)、RONZIさん(Dr)からなるBRAHMANの全メンバー4人に、ヴァイオリニストでフロントマンも務めるMARTINさん(Vo, Violin, A.G)とパーカッショニストのKAKUEIさん(Perc)の2人を加えた6人からなる、アコースティックバンド「OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND」を結成(その後の名称は「OAU(オーエーユー)」)。

そんなOAUが、2020年12月9日にオールタイムベストアルバム『Re:New Acoustic Life』をリリースされるということで、バンドを代表してフロントマンのTOSHI-LOWさんに、お話をうかがいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.