くらし情報『体温計、上から挟むのはNG!? 正しい“体温”の測り方』

2020年12月3日 19:00

体温計、上から挟むのはNG!? 正しい“体温”の測り方

最近、自宅をはじめ、外出先でも検温をする機会が増え、日常的に体温を気にするようになった人も多いはず。でも、測るシチュエーションによって体温がまちまち、なんてことも。一体、何°Cが自分の平熱?カラダの冷えを知るためにも、正しく体温管理をする秘訣をレクチャーします。

平熱が低くても温活で改善することができる。
自分が冷えているかどうかの判断材料となる検温。どのタイミングで測ったらいいかなど自分の平熱を正しく把握するためのコツを、御苑アンジェリカクリニック院長・神藤慧玲先生に伺いました。そのうえで、平熱が36.5±0.5°Cよりも低かった場合など、体温との向き合い方についても聞いてみると…。

「体質的に冷えやすい人はいますが、諦めることはありません。運動で筋力をつけ、カラダを温める食べ物を摂るなど温活を行えば、平熱が上がることはありますし、冷えを改善することもできます。一方、平熱が36.5±0.5°Cの範囲内の人も油断は禁物。その数値に安心して温活に無頓着でいると、平熱が下がり、冷えを引き起こしてしまう可能性があるからです。健康を維持するためにも、検温する習慣をつけて、自分の平熱を正しく把握することが大切です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.