くらし情報『19歳、竹内唯人「お芝居をするよりも、歌いたい」と本気の1st EPを発表』

2020年12月14日 19:10

19歳、竹内唯人「お芝居をするよりも、歌いたい」と本気の1st EPを発表

【音楽通信】第64回目に登場するのは、インフルエンサーでありながらアーティストとしても活動している、現在19歳の竹内唯人(たけうちゆいと)さん!

【音楽通信】vol.64

この1年はひとつずつ音楽を積み重ねていった

目次

・この1年はひとつずつ音楽を積み重ねていった
・洋楽テイストもあるスタイリッシュなEP
・「満足できるライブパフォーマンスを身に付けたい」
・Information
19歳、竹内唯人「お芝居をするよりも、歌いたい」と本気の1st EPを発表


2019年7月、ABEMAの恋愛リアリティ番組『オオカミちゃんには騙されない』に出演して、ティーンエイジャーから注目を集めた、竹内唯人さん。10月には、シングル「Only Me」でアーティストデビューし、LINE MUSICランキング2位を獲得しました。

2020年2月、3枚目のシングル「ニビイロ」がドラマ『鈍色の箱の中で』(テレビ朝日系 2〜3月期放送)主題歌に抜擢され、Spotifyのバイラルチャート5位に連日ランクイン以降、コンスタントに楽曲を発表。そんな竹内さんが、12月10日に、1st EP『THE FIRST』を配信リリースされたということで、お話をうかがいました。

ーー現在19歳の竹内さんですが、そもそもの音楽的なルーツから、教えてください。

小さい頃は(アメリカの男性5人組グループの)バックストリート・ボーイズを聴いていたり、(アメリカの歌手)エリオット・ヤミンを聴いていたり、最初は洋楽からですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.