くらし情報『19歳、竹内唯人「お芝居をするよりも、歌いたい」と本気の1st EPを発表』

2020年12月14日 19:10

19歳、竹内唯人「お芝居をするよりも、歌いたい」と本気の1st EPを発表

「MY FRIENDS」は、友達との絆を感じさせる歌詞も印象的なナンバーですが、どのように生まれた曲でしょうか。

トラックを聴いたときに、日本語で歌うと締まらない印象があったので、共作していたニューヨーク出身のバイリンガルラッパーのBBY NABE(ベイビーナベ)ちゃんに歌詞を英語で書いてもらって、日本語は自分で書きました。これは友達に向けて歌っている曲ですね。

EPに入っているものは先に配信されている曲以外、コロナ禍でできなかったこと、会えなかったことなどを思って、いまだからできた曲が収録されていることがまず、ひとつ。それでも前を向いていこうというポジティブなメッセージと同時に、前を向くためには不安や悲しいこともあるよね、という裏テーマもあったりしますが、どれもプラスな楽曲になっています。

ーー「ニビイロ」は、テレビ朝日系ドラマ『鈍色の箱の中で』の主題歌でもありますね。ピアノで聴かせるバラードですが、初のドラマ主題歌を振り返るといかがでしたか。

主題歌という大きすぎるお話で、その次元がわからなかったんです、最初(笑)。でもやっぱりドラマの主題歌のお話をいただけたことがすごくうれしかったですし、本気で力を入れたくて、そのとき初めてUTAくん(BTSさんやAIさん、三浦大知さんなどのプロデュースでも知られる)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.