くらし情報『運動で温活には「汗冷え」対策! “冷えリスク”対策6つ』

2020年12月8日 19:00

運動で温活には「汗冷え」対策! “冷えリスク”対策6つ

冷えリスクを抑えて温活をしよう!ここでは、生活習慣の中で体温の急上昇・急低下を特に招きやすい“運動”にフォーカスします。

運動:しっかり汗をかいてからの「汗冷え」対策が勝負に!
カラダが熱を作り出す時に、最も手っ取り早いのが、筋肉を動かす運動。実は、一日の熱量の約6割を作っているのも筋肉。走ったりジムに行ったり、思いっきり運動をする時だけではなく、歩いたり階段を上り下りするような日常的な動作によっても、たっぷり熱は作られる。そこで注意したいのが、カラダが放熱する時に生じる、汗による冷え。

「筋肉を動かした時に生じるエネルギーの8割は、熱に変換されるので、運動をすると、カラダが熱くなり、熱を逃がすために汗をかくのは当たり前のこと。だから汗をかきすぎないための対策や、運動後に体温が下がり始めた時に、いかに保温して熱を守り抜くかということが肝になります」(医師・渡邉賀子先生)

熱を守るためには…

運動で温活には「汗冷え」対策! “冷えリスク”対策6つ


屋外の場合、アウターは防風・防寒性を重視。
ジョギングやウォーキングなど、寒い日に屋外で運動する場合は、何よりも風の影響を受けやすく、冷えに繋がる。しっかりと風を防ぎ、寒さを凌げるアウターを着るべし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.