くらし情報『大女優イザベル・ユペールが日本を絶賛「フランス人の多くが魅了されている」』

2020年12月9日 19:10

大女優イザベル・ユペールが日本を絶賛「フランス人の多くが魅了されている」

さまざまなイベントが中止や延期を余儀なくされた今年。そんななかでも、各主催者の尽力によってなんとか開催へとこぎつけているものもありますが、そのひとつが「フランス映画祭2020 横浜」。毎年6月が恒例ではあるものの、ようやく12月に開幕することとなり、映画ファンにとってはひと足早いクリスマスプレゼントとなりそうです。そこで、こちらの方々にお話をうかがってきました。

女優イザベル・ユペールさん&ジャン=ポール・サロメ監督

目次

・女優イザベル・ユペールさん&ジャン=ポール・サロメ監督
・女性が徐々に変わっていく様子に注目してほしい
・重要なのは感動を人と分かち合うこと
・芸術を危うくしているのは無関心な人たち
・日本には来るたびに驚嘆させられている
・インタビューを終えてみて……。
・日本にいながらフランスを近くに感じられる!
・ストーリー
・いますぐ行きたくなる予告編はこちら!
・作品情報
大女優イザベル・ユペールが日本を絶賛「フランス人の多くが魅了されている」


【映画、ときどき私】 vol. 347

今回、貴重なお時間を割いてくださったのは、映画祭において本年度のフランス代表を務め、日本にも多くのファンを持つ大女優イザベル・ユペールさんと主演最新作『ゴッドマザー』でタッグを組んだジャン=ポール・サロメ監督。フランス映画界を代表するおふたりに、映画にしかできないことや日本への思いについて語っていただきました。

―まずは、映画祭に関わるうえで楽しみにしていることはありますか?

ユペールさん私が期待しているのは、日本にいる多くの観客がフランス映画と出会うこと。それに貢献し、映画や映画に対する愛を讃えているこの映画祭は、とても重要な存在だと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.