くらし情報『ホロコーストを生き延びた男と少女…スキャンダラスな関係が生んだ希望』

2020年12月17日 21:00

ホロコーストを生き延びた男と少女…スキャンダラスな関係が生んだ希望

特殊な状況のなか、人と人との絆について誰もが考えさせられた2020年。そこで今回は、時代に翻弄されたある2人を描いた注目作をご紹介します。それは……。

『この世界に残されて』

目次

・『この世界に残されて』
・バルナバーシュ・トート監督
・確信があったからこそ、自分の選択に迷いはなかった
・時代は違っても、心理的に通じる部分があった
・編集の段階で深く心を揺さぶられてしまった
・生きるうえで、何かに対して愛情を持てることが大事
・年齢も性別も超えた絆に救われる!
・魂を揺さぶる予告編はこちら!
・作品情報
ホロコーストを生き延びた男と少女…スキャンダラスな関係が生んだ希望


【映画、ときどき私】 vol. 350

ナチス・ドイツによって、約56万人ものユダヤ人が殺害されたと言われていたハンガリー。終戦後の1948年、ホロコーストを生き延びたものの、家族を失った16歳の少女クララは、ある日寡黙な医師アルドと出会う。言葉をかわすうちに、クララは彼の心に自分と同じ欠落を感じるようになり、父を慕うようにアルドになついていくのだった。

ホロコーストの犠牲者であったアルドもまた、クララを保護することで自分の人生を再び取り戻そうとする。ところが、ソ連がハンガリーで権力を握るようになっていくなか、世間は彼らに対してスキャンダラスな誤解を抱くようになっていくことに。“残された者”としてともに生きる2人の関係は、どうなってしまうのか……。

ハンガリー映画批評家賞3部門受賞をはじめ、さまざまな賞に輝いた本作。今回は、こちらの方に見どころなどをお話しいただきました。

バルナバーシュ・トート監督

ホロコーストを生き延びた男と少女…スキャンダラスな関係が生んだ希望


短編を中心に手がけ、ハンガリーのみならず国外でも高く評価されてきたトート監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.