くらし情報『「デジタル庁」誕生に、東京五輪など… 21年になってどう変わる!?』

2020年12月31日 18:30

「デジタル庁」誕生に、東京五輪など… 21年になってどう変わる!?

堀潤&五月女ケイ子の「社会のじかん」SP。激動の時代、日本は、世界はどう変わる?

東京五輪はフルスペックでの開催にならなそう。

五月女(以下、五):‘20年に開催予定だった東京五輪が、新型コロナで延期になってしまいました。‘21年はできそうなんでしょうか?

堀:僕が取材した大会関係者によると、通常の形では無理といわれていますね。

五:国際オリンピック委員会のバッハ会長も来日していたので、やる気満々なのかと思ってました。

堀:「できるものならやりたい」というのはみんなの総意なんですよ。そして、バッハ会長は開催する立場の人。ただ、実際には、いかに混乱させずに、通常開催は難しいという空気を広げていくか。「激変緩和策」というのですが、急に計画を変更できないので、段階を踏んでみんなが納得できる形を目指そうとしています。どの競技なら開催できそうかという検証が水面下で始まっているんですね。

五:密にならずにできる競技に絞って開くということですか?

堀:そうです。基本的にフルスペックではやれない。開催方法も模索しています。たとえば、各国のプールで水泳選手が一斉に泳ぐのをカウントするのはどうかとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.