くらし情報『連続殺人鬼と女子高生が入れ替わり!? ホラーなのに笑える『ザ・スイッチ』』

2021年1月14日 21:10

連続殺人鬼と女子高生が入れ替わり!? ホラーなのに笑える『ザ・スイッチ』

オネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんの映画評。今回は『ザ・スイッチ』です。
連続殺人鬼と女子高生が入れ替わり!? ホラーなのに笑える『ザ・スイッチ』


女子はホラー映画が苦手よね~。でもね、これは観てほしいのよ。だって、血は出てきちゃうけど、あまりにも痛快、爆笑、青春と三拍子揃ってるんだもの。それが『ザ・スイッチ』!『君の名は。』とかの「(俺・私)入れ替わってる~!?」っていう、人の中身入れ替わり設定が、イケてない女子高生と連続殺人鬼とで起きちゃうのよ~。

クラスのイケイケ集団とは一線を置いた冴えない女子ミリーは、ある夜、連続殺人鬼のブッチャーに襲われるの。幸い人が通りかかり、ブッチャーは逃亡。殺されずにすんだものの、短剣で刺されてケガをした彼女は、治療を受けて帰宅。その翌朝、ミリーは見知らぬ小汚い場所で目を覚ますんだけど、知らないオッサンが話しかけてくるのよ。それで鏡を見てビックリ。鏡の中には彼女を襲ったブッチャーが!一方のブッチャーはミリーの体をゲットして、「しめしめ、この見た目なら学校で殺しまくれるぜ~」と意気揚々に、普段のミリーと違うコーデで登校し、早速殺戮を開始。ブッチャーになってしまったミリーは、なんとか親友たちに危険を知らせようとするものの、見た目がヤバいオッサンのために学校に近づくことすら大苦戦。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.