くらし情報『胴長短足に見えそう!…失敗しやすい「トレンドの重ね着NGコーデ」』

2021年1月22日 19:00

胴長短足に見えそう!…失敗しやすい「トレンドの重ね着NGコーデ」

昨シーズンから今シーズンにかけて、かなりの需要を見せているレイヤードコーデ。ニットにロング丈のシャツを組み合わせた重ね着など、街中でもよく見かけますよね。しかし、重ね着って本当にバランスが大事!間違ってしまうと悲惨なスタイルになってしまうので気をつけましょう。そこで今回は、失敗しがちなレイヤードのNGコーデ2パターンをご紹介します。

イラスト・角佑宇子

短すぎニット、長すぎインナー、ゆったりボトム

目次

・短すぎニット、長すぎインナー、ゆったりボトム
・ニットとインナーのシルエットがミスマッチ
・立体感のある小物をプラスすると、さらにGood!
胴長短足に見えそう!…失敗しやすい「トレンドの重ね着NGコーデ」


レイヤードの基本は、トップス、インナー、ボトムスの3つの重なり方のバランスを整えることです。一番上の服であるニットは丈を短くする、インナーはニットよりも長くするのはみなさんもご存知ですよね。

しかし、失敗しているレイヤードはとにかくそれぞれの丈のバランスが絶妙に悪い…!とくに胴長短足に見えやすいのは、ニットが短すぎ、インナーのシャツやカットソーが長すぎ、加えてボトムスがゆったりしすぎたシルエットの組み合わせですね。

一概にこれが正解!という決まりはありませんが、スタイルがよく見えるレイヤードコーデの比率としてはニット:インナー:ボトムス=3:2:5。この比率を意識して丈のバランスを整えると良いでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.