くらし情報『有名作家が味わった孤独や貧富の差…どん底から抜け出すのに必要なもの』

2021年1月21日 19:00

有名作家が味わった孤独や貧富の差…どん底から抜け出すのに必要なもの

なかなか気が休まらない日が続くなか、つい落ち込んでしまうこともありますよね?そんなときは、映画で笑ったり泣いたりして気分を高めたいところ。そこで、まもなく公開を迎えるオススメの映画をご紹介します。それは……。

各国で絶賛を浴びた『どん底作家の人生に幸あれ!』

目次

・各国で絶賛を浴びた『どん底作家の人生に幸あれ!』
・アーマンド・イアヌッチ監督
・縛りやルールがない現場で自由に作ることができた
・ディケンズから学んだのは、“ショーマンシップの精神”
・映画界は多様なキャスティングが遅れている
・どん底では前に進もうとする気持ちが大事
・“大逆転人生”を夢見るすべての人に幸あれ!
・激動の予告編はこちら!
・作品情報
有名作家が味わった孤独や貧富の差…どん底から抜け出すのに必要なもの


【映画、ときどき私】 vol. 353

周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた少年デイヴィッド。優しい母と世話好きな家政婦と一緒に幸せに暮らしていた。ところが、暴力的な継父の登場によって、人生が一変。家を追い出されて、ロンドンの工場へと売り飛ばされてしまう。

しかも、下宿先の主人である極貧のミコーバーは、借金まみれで逃げ回っていた。月日が流れ、どん底のなかでたくましく成長したデイヴィッドは、工場から脱走。裕福な伯母の助けで、仕事も恋愛も順風満帆な人生を手に入れようとしていた。ところが、過去を知る者たちが、彼を再びどん底へと引き戻そうとすることに……。

『クリスマス・キャロル』などで知られるイギリスの文豪チャールズ・ディケンズの自伝的小説『デイヴィッド・コパフィールド』の映画化となる本作。そこで、こちらの方にお話をうかがってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.