くらし情報『“唾液”は年齢とともに減少…“唾液の量”をUPする4つの方法』

2021年1月29日 20:10

“唾液”は年齢とともに減少…“唾液の量”をUPする4つの方法

今日から始める、唾液力UP術。カラダを守ってくれる“唾液の量”をバランスよく高められる方法を紹介します。

嚥下体操で舌の筋肉を鍛える。
1日約1000ml出るはずの唾液は、年齢とともに徐々に減っていく。その原因は舌の周辺の筋肉の老化や唾液腺の働きが低下してしまうこと。そこで取り入れたいのが左のような“嚥下体操”。

本来の目的は食べ物を飲み込む機能の衰えを防ぐことだけれど、続けて行うと唾液中の抗酸化成分が活性化する可能性があるという。

「嚥下体操のなかでもとくに大切なのは、舌の体操。舌の下部の唾液腺が刺激されるからです」

1日2~3回行えば筋肉の老化や唾液腺の機能低下の予防につながり、唾液量を維持できるはず。

“唾液”は年齢とともに減少…“唾液の量”をUPする4つの方法


  • 椅子に深く腰かけ、リラックスした姿勢で行う。舌を「べー」と思い切り出したり喉の奥の方へ引っ込める。これを交互に数回繰り返す。
  • 舌を突き出し、できるだけ大きく左右に動かす。左右に動かしたとき口の両端を舌で交互になめるようにする。ゆっくりと数回繰り返す。
  • 舌を突き出して大きく上下に動かす。上に動かすときは鼻の下、下に動かすときはあごの先を舌で触れるようなイメージで。数回繰り返す。

  • 関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.