くらし情報『赤楚衛二 上京後、もがき続けた中で訪れた転機とは?』

2021年2月4日 12:00

赤楚衛二 上京後、もがき続けた中で訪れた転機とは?

ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(以下、チェリまほ)では、非モテの陰キャである安達を演じていた赤楚衛二さん。
赤楚衛二 上京後、もがき続けた中で訪れた転機とは?


表情や動きから醸し出される絶妙な仔犬感と、情感あふれる表情や佇まいに心を奪われた人は少なくない。あまりのリアルさに、本人はどんな人?と興味津々。しかしてそこに現れたのは優しい雰囲気はそのままに、男らしく爽やかな好青年なのでした。

――いまだチェリまほ人気が冷めやりません。いまや海外でも人気ですが、反響は届いていますか?

赤楚:シンプルにSNSのコメント数がドッと増えたのを感じています。そのなかに英語や中国語などいろんな言語が飛び交っているのが衝撃ですし不思議な気持ちです。

――撮影中は手応えのようなものがあったんでしょうか?

赤楚:台本も面白かったですし、演じていても楽しんでいただけるものになるとは感じていました。でもまさか、ここまでとは思わず。

――でも、安達役があまりに自然だったので、今日お会いして纏う空気が全然違って驚きました。

赤楚:短い期間での撮影だったこともあり、撮影の日は朝から夜までずっと安達でいたんで、自然とそうなっていたのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.