くらし情報『SNS発の次世代シンガー宮川愛李「コナンくんに応援してもらいました(笑)」』

2021年3月4日 20:00

SNS発の次世代シンガー宮川愛李「コナンくんに応援してもらいました(笑)」

【音楽通信】第72回目に登場するのは、アニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマでも知られる次世代アーティスト、宮川愛李さん!

【音楽通信】vol. 72

賑やかな場所で音楽に触れて育つ

目次

・賑やかな場所で音楽に触れて育つ
・20歳になり再起動する意味の1stアルバム
・未来のアーティストとしての自分自身が目標
・Information
SNS発の次世代シンガー宮川愛李「コナンくんに応援してもらいました(笑)」


東京の伊豆諸島にある、住民が600人ほどの式根島に生まれた、宮川愛李さん。現在アーティスト活動をしている兄の「宮川大聖(みやかわくん)」とともに、学生時代は「妹子(いもこ)」名義でSNSでも活動し、いまも注目を集め続けています。

2019年1月、本名の「宮川愛李」でソローアティストとしての活動をスタートし、6月にミニアルバム『スマホ映えの向こうの世界』でメジャーデビュー。11月リリースの1stシングル「Sissy Sky」のミュージックビデオの再生回数は、現在180万回超えとなるなど、10代から20代の女性を中心に支持されています。

そんな宮川さんが、2021年3月3日に1stフルアルバム『Reboot』をリリースされたということで、音楽的なルーツなども含めて、お話をうかがいました。

ーー幼少時はどんな音楽を聴いていましたか。

もともと音楽の道にいこうと思っていなかったこともあって、小さい頃は、なんとなく耳に入ってくる音楽を聴いていたような環境でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.