くらし情報『尾上松也の“恋愛論”「相手を変えるのは無理」』

2021年2月12日 19:10

尾上松也の“恋愛論”「相手を変えるのは無理」

恋心や愛を表現するときに、歌は大きな武器になる。大谷紀子さんの人気コミックが原作の『すくってごらん』で、尾上松也さんは改めてその事実に気づかせてくれる。

演じることで大切なのは、そこに感情があるかどうか。

尾上松也の“恋愛論”「相手を変えるのは無理」


ミュージカルでも活躍する歌舞伎界のホープが演じるのは、左遷された片田舎の町で金魚すくいの店を営む美女・生駒吉乃(いこま・よしの)に恋をする銀行員・香芝誠(かしば・まこと)。エリートコースからはずれた憂鬱な心の声や恋心が、赤と青のコントラストが美しい「和」の世界観の中、ラップや歌でポップに描かれる。中盤、街中で吉乃に想いをぶつける「オンリー・ユー、オンリー・ミー」は、恋の高揚感のみならず、身勝手さも浮かび上がらせる。

「まさしく、愛を伝えるのに歌はぴったりな手段ですよね。自分の想いが爆発してしまったがゆえに左遷されたように、香芝は心に爆弾みたいなものを抱えている。吉乃に想いをぶつけるシーンでは台詞を歌として表現していますけれど、想いが爆発した表現として非常にしっくりきました。歌舞伎では踊りのときはもちろん、お芝居の中でも音楽を使って表現します。歌舞伎もミュージカルも映像作品も、演じるということにおいて重要なのはその中に感情があるかどうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.