くらし情報『“オタク”役好演の松坂桃李、仲野大賀がまたもや見せた“手腕”をほめる』

2021年2月13日 19:10

“オタク”役好演の松坂桃李、仲野大賀がまたもや見せた“手腕”をほめる

“ハロプロ”の魅力にどっぷりハマり、青春時代をアイドルに捧げたオタクたちを描いた映画『あの頃。』この作品が映し出す情熱と喜び、そのかけがえのない日々について、松坂桃李さんに聞きました。

“推し”がいるだけで世界はバラ色。愛おしい記憶を描く、映画『あの頃。』。

“オタク”役好演の松坂桃李、仲野大賀がまたもや見せた“手腕”をほめる


「マネージャーさんから『松浦亜弥さんのファンの役です』とだけ告げられ、『わかりました、やりましょう』と即決。そのあとで物語の内容を知りました」

実は松坂桃李さんが中学1年生の頃、松浦さんはおなじ中学校の3年生で先輩だったという。

「当時『桃色片想い』などがヒットしていてアイドルの中でもトップの存在。キラキラしていました。僕はいつも遠目から見ていただけなんですけどね(笑)。そんな“松浦さんのファン”というのが、この映画の原作の著者でもある劔樹人(つるぎ・みきと)さん。本を読んで、とても濃厚な時間を長く過ごし、波瀾万丈な人生を歩んできた方だと思いました」

大学院受験に失敗し、うだつのあがらないバンド生活を送っていた劔さんが、一枚のDVDを見たことをきっかけに“ハロプロ”(ハロー!プロジェクト)にどっぷりハマっていくという物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.